0
¥0

現在カート内に商品はございません。

仮説社の取り扱い商品

日本の戦争の歴史(00092)

¥1,760 税込
商品コード: 92
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
社会の科学入門シリーズ(そのまま授業に使える授業書版)
『日本の戦争の歴史』 明治以降の日本と戦争
板倉聖宣・重弘忠晴 著

 これまで戦争の歴史の本というと,「戦争の興奮」を再現させたり,「戦争の悲惨さ」を訴える本か,「戦争の原因」を説く本が大部分でした。「戦争はなぜ起きたか」という問題はとかく党派的な話になりがちです。しかし,この授業書では,「明治以後,日本はどこの国を相手にどれほどの間,戦争を行ってきたのか」といった基本的な事実だけを提示して,戦争について考えることができるようになっています。

★★ もくじ ★★
第1部 日本の戦争の歴史とその背景
第2部 戦没者数で見る日本の戦争
第3部 宣戦布告の詔勅
日本の戦争の歴史年表

★★ 詳 細 ★★
ページ数:120ペ
サイズ:128×182ミリ
初版年月日:1989年11月15日
ISBN:978-4-7735-0092-9

これまでの戦争の歴史の本というと,「戦争の興奮」を再現させたり「戦争の悲惨さ」を訴える本か,「戦争の原因」を説く本が大部分で,とかくイデオロギーが先行しがちでした。しかしこの授業書では,〈誰もが認めざるを得ない客観的な事実〉だけを提示して,これまでの戦争の歴史を冷静に見る立場を確立したといえるでしょう。多くのクラスで授業されています。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿