0
¥0

現在カート内に商品はございません。

仮説社の取り扱い商品

原子論の歴史 復活・確立(00178)

¥1,980 税込
商品コード: 178
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
『原子論の歴史 復活・確立』板倉聖宣 著

 中世にキリスト教によって追放された古代原子論は,ルネサンスによって再発見されます。そしてアルキメデスに注目したガリレオなどにより,その原子論的考え方が復活し,その後の科学研究をリードすることになります。その後,化学の研究が進み,原子の存在を証明する事実が次々と明らかになり,いまやその「原子仮説」は最重要の科学知識として確立したのです。

 巻末に原子論の歴史の詳細な年表がついています。
 科学史と教育を専門とする著者の40年来の研究が結実。これまでの原子論についての通説を覆す画期的な論文です。

★★ もくじ ★★
第9章 ルネサンスと原子論の復活
  ……ブルーノ,シェークスピアまで
第10章 ガリレオの時代と原子論
 ……〈液体分子の運動〉と〈結晶の中の分子の配列〉
第11章 近代科学の確率以後の原子論
 ……原子論の発展・勝利
第12章 革命の時代と科学的原子論
 ……ラヴォアジェとドールトンの時代
第13章 原子論の最後の最後の勝利
 ……ブラウン運動のなぞ
私の原子論とのつきあいと原子論の教育の歴史
 ……あとがきにかえて
原子論の歴史 年表
索引

★★ 詳 細 ★★
ページ数:206ペ
サイズ:134×195ミリ
初版年月日:2004年4月5日
ISBN:978-4-7735-0178-0

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿