0
¥0

現在カート内に商品はございません。

仮説社の取り扱い商品

衝突の力学(00184)

¥2,200 税込
商品コード: 184
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
サイエンスシアターシリーズ 力と運動編3
『衝突の力学』瞬間のなぞ
板倉聖宣・塚本浩司 著

 「衝突」というのは,私たちの身近なところでたえず利用されている,実用的でとても面白い現象です。また,一瞬の間に起こるので,とらえどころのないものでもありました。しかし,最近は,一瞬に起こる現象もとらえられるようになりました。そこで今回は,〈だるま落とし〉の力学から入って,簡単にできる面白い実験を次々と取り上げていきます。

サイエンスシアターシリーズって?
「芸術やスポーツを楽しむように科学を楽しもう!」と1994年から1999年,東京・早稲田大学の国際ホールを会場に行われ,大好評だった「サイエンスシアター」。その公演内容が本になりました。

★★ もくじ ★★
第1幕 衝突と瞬間
・ ゆっくり速度が変わる運動と急激に変わる運動
・ 衝突が発揮する偉大な力
・ 衝突の力は無際限?
・ 衝突の〈瞬間〉とはどのくらいの時間か
・ 瞬間を見る
・ テニスボールの加速の瞬間
・ ゴルフボールは1万分の5秒の間に加速される
・ 振動の働き

第2幕 ダルマ落としの力学
・ 〈ダルマ落とし〉のなぞ
・ 力は継続してはじめて効果を発揮する
・ コップと厚紙と消しゴムの実験
・ 2つのコップに渡した棒はどうなるか
・ 糸でつるした〈おもり〉の糸はどこで切れるか,他

第3幕 2つの円板の衝突実験
・ 同じ重さの円盤を正面衝突させると
・ 衝突の前後で速さは交換するか
・ 止まっている重い円板に軽い円板を衝突させる
・ 「運動量保存の原理」というもの
・ 重さ2の円板に重さ1の円板を衝突させると
・ 重さ3と重さ1の円板を同じ速さで衝突させると

第4幕 連続衝突のふしぎ
・ シアター式衝突実験器の発明
・ 円板を3枚重ねたものに円板1枚をぶつけたら
・ 円板が衝突する瞬間
・ 3枚の円板を横にならべて衝突させたら
・ 昔の豪華な衝突実験装置,他

第5幕 ものが跳ねるとき・跳ねないとき
・ スーパーボールはどんなときでも跳ね返せるか
・ ものが跳ね返るのななぜか
・ アンチ・スーパーボール
・ パチンコ玉の落下衝突実験
・ 衝突するものは,跳ね返るときに力を出すか
・ ものが壊れるときと跳ね返るとき
・ すっとびボールの発明物語/あそび方/とぶ理由,他

★★ 詳 細 ★★
ページ数:139ペ
サイズ:151×202ミリ
初版年月日:2005年6月10日
ISBN:978-4-7735-0184-1

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿