0
¥0

現在カート内に商品はございません。

仮説社の取り扱い商品

温度をはかる(00165)

¥2,200 税込
商品コード: 165
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
サイエンスシアターシリーズ 熱をさぐる(温度と原子分子)編1
『温度をはかる』温度計の発明発見物語
板倉聖宣 著

 もっとも身近な測定器・温度計。今では,いろんな温度計があります。その便利な使い方や仕組みを介します。そこから,熱とか温度という,ふだん目に見えないものが目に見えるようになります。世界と日本での「温度計の発明発見物語」というお話も。

サイエンスシアターシリーズって?
「芸術やスポーツを楽しむように科学を楽しもう!」と1994年から1999年,東京・早稲田大学の国際ホールを会場に行われ,大好評だった「サイエンスシアター」。その公演内容が本になりました。

★★ もくじ ★★
第1幕 温度のはかり方
巨大な空気温度計/気圧差計/いま,この部屋の温度は?/沸騰と温度
最高と最低の気温

第2幕 いろいろな温度計
水銀温度計/水銀も凍って銀のようになるか
ガリウムという金属/有望な「ガリウム温度計」
100℃以下で液体になる元素金属/「アルコール温度計」の正体/温度計と体温計
固体の温度計もあるか/バイメタルと,とびはね円板/バイメタル温度計

第3幕 デジタル温度計,その他
デジタル表示の温度計/デジタル表示とアナログ表示/サーミスタの話
セ氏温度にも華氏温度にも切替え簡単/温度アラームの設定の仕方
色の変化で見る温度計=液晶温度計/赤外線の波長ではかる〈放射温度計〉
高温計/温度計のまとめ/いろいろな温度計で温度をはかってみよう

おはなし 温度計の発明発見物語

★★ 詳 細 ★★
ページ数:131ペ
サイズ:151×202ミリ
初版年月日:2002年8月4日
ISBN:978-4-7735-0165-0

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿