0
¥0

現在カート内に商品はございません。

仮説社の取り扱い商品

固体=結晶の世界(00163)

¥2,200 税込
商品コード: 163
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
サイエンスシアターシリーズ 原子・分子編4
『固体=結晶の世界』ミョウバンからゼオライトなど
板倉聖宣・山田正男 著

 〈結晶〉というと,ダイヤモンドのような宝石などを思い浮かべてしまいますが,「固体はほとんどみんな原子・分子がきれいに並んだ結晶」であるということを実験を通して見ていきます。今回の主役となるのは,〈ゼオライト〉という結晶。ゼオライトは「分子篩い(ふるい)」と呼ばれ,おもしろい働きをします。その発見物語と,世界初となるゼオライトの実体積分子模型(左の表紙参照)が登場します。

サイエンスシアターシリーズって?
「芸術やスポーツを楽しむように科学を楽しもう!」と1994年から1999年,東京・早稲田大学の国際ホールを会場に行われ,大好評だった「サイエンスシアター」。その公演内容が本になりました。

★★ もくじ ★★
第1幕 結晶というもの
「微小な粒子の集まり」と結晶
第2幕 外形の美しい結晶
ダイアモンド・水晶・方解石,その他
第3幕 結晶のでき方・作り方
いちばん昔から役立ってきた結晶=ミョウバン
第4幕 分子篩(ふるい)ゼオライト
1億倍のゼオライトの実体積模型の完成

★★ 詳 細 ★★
ページ数:137ペ
サイズ:151×202ミリ
初版年月日:2002年4月1日
ISBN:978-4-7735-0163-6

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿